知っておくと便利な英会話とスクールの情報

アメリカ英語とイギリス英語の違いとは

英語と言っても国によって違いがあるのを知っていますか?
代表的なものにアメリカ英語とイギリス英語があります。この二つの間には発音の違いがあることがよく知られています。その他、つづりの違い、文法・語法の違い、単語の違いなどがあります。
発音の違いでよくあげられるものにcanやoftenがあります。canとoftenはアメリカ英語ならキャンとオフン、イギリス英語ならカンとオフトゥンと発音します。つづりの違いにはセンターやメーターなどさまざまなものがあります。アメリカ英語ではセンターとメーターはcenterとmeter、イギリス英語ならcentreとmetreとつづります。また同じ言葉でも意味が違ってしまうものがあります。例えばfirst floor。first floorはアメリカ英語では1階を意味しますがイギリス英語では2階を意味し、ground floorが1階を意味します。また、footballはアメリカ英語ではアメリカンフットボールを意味し、イギリス英語ではサッカーを意味します。ちなみにアメリカ英語ではサッカーはそのままsoccerと言います。このように同じ英語でもさまざまな違いがあります。
アメリカ英語だからイギリス人と意思疎通が取れないと言うわけではありませんが、国によって違いがあると言うことを知っておくことは大切です。

カタカナ英語は英語と違う?

英語だと思って使ったら通じなかった、なんてことありませんか?
カタカナで表す語が必ずしも英語とは限りません。英語だと思って使っていた言葉が実は英語っぽく作った言葉だったり、フランス語だったり、英語を変化させて作った言葉だったりすることがよくあります。また、言葉は英語だけれども本来の意味とは違った使われ方をしているものなどもあります。このようにさまざまな経緯を経てできたカタカナ語が英語だと勘違いされて使われてるケースがよく見られます。
次のカタカナ語は実は英語ではないのをご存知ですか?
「ガードマン」という言葉は英語らしいですが、実は和製英語です。英語で「ガードマン」を表すときは「guard」や「security guard」 を使います。また、「アンケート」も実は英語ではありません。この言葉はフランス語から由来しています。英語で「アンケート」を表す言葉は「questionnaire」が一般的です。またモーニングコールも英語のようですが、実は英語では「wake-up call」と言います。シルバーシートは「priority seat」、フリーダイヤル番号は「toll-free number」、ホッチキスは「stapler」、レストランなどのバイキング(料理)は「buffet」などなど私たちの生活の中には英語のようで英語でない言葉がたくさんちりばめられています。

数字を英語で言おう(1)

英語で話しているときに数字を言おうとして言葉に詰まったり、話し手に英語で数字を言われて聞き取れなかったなんてことはありませんか?英語で数字を言ったり、聞き取ることは意外と難しいものです。「2+7=9」、「8-3=5」を英語で言ってくださいと言われてすぐにいえますか?ここで英語での計算式の基本的な表現を覚えて英語力アップしましょう。

<基数(0, 1, 2, 3など)>
・324 (three hundred twenty-hour、three hundred and twenty-hour)
・6203 (six thousand two handed and three)
thousandやhandredなどの単位は複数形のsをつけません。 
<序数(1st、2nd、3rd など物の順序を表す数)>
1st (first)
2nd (second)
33rd (thirty-third)
<倍数>
2倍 (twice)
3倍 (three times)
45倍 (forty-five times)
<足し算>
・2+7=9 (two plus seven is nine) 
・3+5=8 (three plus five is eight)
is代わりにequalsを使う場合もあります。
<引き算>
8-3=5 (eight minus three is five)
6-3=3 (six minus three is three)
is代わりにequalsを使う場合もあります。

数字を英語で言おう(2)

英語で話しているときに掛け算や割り算、分数などを言おうとして言葉に詰まったり、話し手に英語で数字を言われて聞き取れなかったなんてことはありませんか?英語で数字を言ったり、聞き取ることは意外と難しいものです。「3/5」、「6×4=24」 「6÷3=2」を英語で言ってくださいと言われてすぐにいえますか?ここで英語での計算式の基本的な表現を覚えて英語力アップしましょう。

<掛け算>
・6×4=24 (six times four is twenty-four)
・7×2=21 (seven times is twenty-one) 
is代わりにequalsを使う場合もあります。
<割り算>
・6÷3=2 (six divided by three is two)
・8÷2=4 (eight divided by four is four)
is代わりにequalsを使う場合もあります。
<分数>
・3/5 (three-fifths)
・1/3 (one-third、a third)
分数は英語の場合、分子→分母の順で読みます。日本語は英語とは反対に分母→分子の順で読むので間違えないようにしましょう。また、分子は基数(one、two、threeなど)で読み、分母は序数(third、fourth、fifthなど)で読みます。そして分子が複数の場合、分母に複数形のsをつけます。
・6/5 (six over five)
・34/167 (thirty-four over one hundred and sixty-seven)
分子が分母より大きい数の場合や、分母が大きくて序数で言いにくい場合は分母を基数で読み、分子と分母の間にoverを入れます。

知っておくと便利な英語の接尾辞(人に関する接尾辞)

英語学習者にとって英語の単語や単語の品詞を覚えたりするのはとても重要なことですが、覚えるのはひと苦労ですよね。そこで英語のちょっとした覚え方ルールをマスターして英語力アップを目指しませんか。英語の名詞、動詞、形容詞、副詞を作る接尾辞(せつびじ)にはある傾向があります。これを知って、文の構成の理解力アップ・単語量アップにつなげましょう。(接尾辞とは単語の後ろにつけて、単語の品詞を変えたり、言葉の意味を補ったり変えたりするものです。)
ここでは知っておくと便利な人に関する接尾辞-er, -ee についてご紹介したいと思います。
<-er (〜する人)>
tarainer, employer, teacher, farmer
<-ee (行為を受ける人)>
trainee, employee, absentee, refugee
これを知っていればtaranee(訓練を受ける人、研修生)と言いたいときに間違ってtrainer(訓練をする人、トレーナー)と言ってしまったり、employee(雇用者、雇用主)と言いたいときにemployer(従業員)と言ってしまうこともなくなるでしょう。「-er」と「-ee」を間違えると立場が反対の人を表すことになるので注意しましょう。
人を表す接尾辞にはその他次のようなものがあります。
-or (doctor, advisor, actor)、-ist(pianist, artist, tourist)、-ant(assistant, attendant, accountant)、-ent(president, client, patient)、-ese(Japanese, Chinese, Portuguese)など。

しっかり接尾辞を覚えて英語力アップを目指しましょう。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク